2010年07月29日

32

s-32.jpg


32歳になりました。

毎年、誕生日は自分のために過ごすことにしているのですが、
今年は痛みがひどく、悲観的になり、
何もする気になれませんでした。

両親が用意してくれた桃のケーキがうれしかったけれど、
痛みでうまく食べられなくて、悲しくなりました。

痛みが続くと、生きる意欲を失います。
痛みがおさまるたびに、痛みを加える、
そういう拷問があったような気がする。

うれしい日に、痛いとか、悲しいとか、辛いと思うのは、
普段にも増して辛くて。
1日寝込んで過ごしてしまいました。

大学病院のペインクリニックに通い始めたけれど、
原因らしい原因がないと言われました。

痛み始めてから2年弱。
朝、起きるたびに、
”今日は痛くないかもしれない。”
と期待しては、痛い、の繰り返し。
”この痛みとずっと一緒に生きていかないといけないのかな。”
と、朝から泣くことが増えました。

勉強していても、痛む度に手が止まってしまい、
”進学したところで、この痛みがあっては・・・。”
という気持ちになる回数も増えています。

明日は脳のMRIを撮って、即日診断してくれることになっています。
原因はなんでもいいから、とにかく痛みを止めてほしい。

早く患者さんを助ける側になりたいです。
posted by TIIDA at 23:44| Comment(2) | 本日の食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。