2008年09月20日

思い切って捨てよう 設計資料編

s-構造図.jpg


トラブルがあって、ものすごく短期でやめざるを得なかったのですが、
構造事務所の設計部に勤めたことがありました。
これは構造図面。

学校では意匠を専門にしたかったのですが、
意匠は絵がかけず、プレゼンに限界を感じ、
構造科がなかったので、私の専門は設備でした。
それなのに、気がついたら構造に夢中で、
構造の先生について構造計算を教わってました。

構造が美しいと、建物は美しい。
建築家は、Santiago Calatravaが大好きです。

その後、電気設備の事務所で店舗の照明を含めた電気設計を、
さらに、その後は設備全般の設計事務所で設計補助をしていました。
建築の世界から離れるときは気持ちの整理ができなくて、
図面を整理できませんでした。

今、感謝して手放そう。
posted by TIIDA at 15:00| Comment(0) | 本日の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。