2010年04月04日

今夜だけは。

s-Hands.jpg


s-MIROTIC concert.jpg

s-midoyo.jpg

日本のファンクラブの会員を除いて、
彼らの韓国を中心にしたファンクラブの会員は90万人以上もいる。
でも、若い子が中心だから、
なんとかお金のかからない方法で、
彼らにメッセージを送ろうと考えた。
それが、最後のコンサートでみんなが掲げた「ミドヨ(信じます)」。
こんな光景見たことなくて、びっくりした。

s-Princes.jpg

性格も育ってきた環境も全く違う5人。
苦しいことも5人で支え合って乗り越えてきた。
5人の間には、ものすごく強い絆を感じた。
彼らの笑顔には、強さがあった。
きらきらしていて、王子様みたいだと思った。

かっこいいだけじゃなくて、
歌もダンスも本当に上手で、びっくりした。
日本語も中国語も上手になって、さらにびっくりした。
忙しい中、それぞれに体を鍛えたり、
楽器の練習をしたり、作詞作曲をしたり、演技を学んだり。

すごいと思った。

仲良くしている5人を見ているだけで、
なんだか奇跡を見ている気がした。

s-Smile!.jpg


いつもこの並びだった5人。
なんでこの並びになったかというと、
アカペラを歌いやすい並びがこれだったから。
「まさか一生この並びで写真を撮られることになるなんて!」
って笑ってた。

そんな5人がアカペラを歌わなくなった。
今思えば、あのときからおかしかった。

5人が活動を中止するって。
今までだって実質活動中止状態だったわけだし、
解散じゃなくてよかった。って喜ぶべきなんだろうけれど、
こうなった理由がよくわからないところが今も引っ掛かる。

なんでこうなったのかを知りたいと思う。
”あんなに強い絆で結ばれていた5人がなぜ?”
という単純なことではなくて、
”どんなに強い絆で結ばれても、人はずっと一緒にはいられないの?”
って考えてしまうことが、すごく辛い。

5人一緒の共同生活。
凸凹をそれぞれが補い合って支え合ってた。
まるで家族のようだった5人。
理由がよくわからないまま、ばらばらになっていく家族を見るのは辛い。

たかが歌手のことで、と笑われるかもしれないけれど、
この5人の影響は私には本当に大きくて。

これからは個人を応援することなるんだね。

本人の意思なら仕方ないけれど、
特定のメンバーだけが日本で活動できない、というような状態は
なんとか避けてほしいと思う。

でも、もしそんな事態になっても、
今や韓国メディアにも少しは詳しくなったから、
今なら日本からでも少しは応援できるかな。

もうやりたいことじゃんじゃんやって、
とにかく5人が幸せでいてくれたら、と思います。

見守ることが愛情だもんね。

5人のおかげで、5人を通して、たくさんのものを見た。
今まで知らなかったこと、誤解していたこと、
知っていたのに忘れていたこと、世界の広さ、世界の小ささ、
努力することの大切さ、友達・家族の大切さ、
謙虚であること、支えてくれる人を思うこと。

今夜だけは眠れない自分を許すよ。
お日様が昇ったら、5人が見せてくれたものを胸に、
またちゃんといつもの生活をするね。

o0400024010367327178.gif
posted by TIIDA at 03:10| Comment(0) | 本日の人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。