2010年05月04日

やっぱり師匠はすごいや。

s-Shooting  shirt.jpg

声をかけてもらって、久しぶりにバスケに行ってきました。
人がいないから、と、男子3人に混ぜてもらっての2対2。
シューティングシャツを来たのは何年ぶりだったんだろう?

ゲーム中、久しぶりに素の自分でいられることが嬉しくて、
げらげら笑いながら走り回ってるだけで、
ちっとも役に立たないのに、
あきれもせず、付き合ってくれました。

男子チームに顔出してるだけで、
私はチームメイトでもなんでもないのに、

最近、顔見ないけど、何してるのかな?って
他のメンバーと話してたんだよ。

なんてこともキャプテンから聞きました。
なんだかそういうのが、身にしみてありがたかったです。



帰り道、電話で師匠が突然、マラソンの話をしてくれました。

マラソンは、疲れてくると視線が落ちてきて、
足元ばかり見るようになっちゃう。
足元を見てれば転ばないかもしれないけれど、
足元しか見てないと、とんでもない方に走ってることもある。
遠くに行きたいなら、
辛くても、顔を上げないとね。


最近、ちょっとおかしかったんだよね。
って、ちょっと話しただけだったんだけど。


何をやってもダメな私だけど、
社会人になってから始めたバスケで、
師匠に出会えたことだけは、自分をほめてあげたいです。
posted by TIIDA at 00:21| Comment(0) | 本日の運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。