2010年05月18日

新しい芽。

s-芽.jpg


図書館まで歩いて行く途中に、病院があります。
いつもその病院の前を歩くのですが、
今日に限って、ほんとになんとなく、
その病院の向かい側の通りを歩いていました。
ちょうど病院の真向かいを歩いているときに、
どん。という大きな音とともに、
看護師さんたちが病院の前に走って出て来るのが見えました。

お年寄りが運転していた車が、
病院の目の前のバス停に突っ込んだんです。
2つの路線のバス停が別々に立っていたんですが、
2本のバス停とも倒れ、車のフロント部分がぐしゃぐしゃでした。

運転手の無事と被害者がいないことを確認してからその場を離れ、
図書館から自宅に戻ってから、家族にその話をして。

きっと、病院ですぐに検査を受けただろうね。
救急車いらずだね。

なんて、ショックをごまかして笑い話にしてたんですが。

笑えないよ!
いつも通りに歩いてたら、轢かれてたよ。
するべきことがあるから神様が助けてくれたの。
しっかりがんばんなさい。

と、母に言われました。
言われてみれば、確かに轢かれてたかも。
あのとき、なんで向かい側に渡って歩いたのか、
自分でもよくわかりません。

学習だけの生活で少しまいっていた時期に
弱らせてしまった観葉植物がしっかり新しい芽を出してくれて、
ほっとしています。

神様が助けてくれた、の一言で、
ここ数カ月悩んでいたことにも、整理がつきました。

久しぶりに気持ちが軽いです。
posted by TIIDA at 19:05| Comment(0) | 本日の生きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。