2010年06月30日

これが、今の私の。

s-tomorrow.jpg


一日一日と事態は悪化していった。
もうどうにもならないから、
行く宛てがないけれど、とにかく家を出よう。
ここの景色が好きだったけれど、
ここの夕日をあと何回見られるかわからないな。
そう思って見上げた空がとてもきれいなので哀しかった。

どうしても行く先がない人はどこに逃げればいいのでしょうか。

家族関係がめちゃくちゃになりすぎて、
これ以上家にいると、事件が起きそうで。
明け方、交番に相談に行った。

そこまで追い詰められた日、
家族に突然、話が通じた。

悪かった。

と父親に一言言われて、事態は一気に収束へ向かい始めた。
謝られたので、これ以上蒸し返すつもりはない。
ただ、気持ちは突然に軽くなるわけではない。

何度も同じ話を繰り返していた。
学んでいた教科書は捨てるつもりで全部紐で括り、
玄関に投げ飛ばしたりもした。
希望よりも、現実をどう生きていけばいいのか考えていた。

事実を事実として受け入れてくれ、と一体何度訴えたか。
悪いことは悪い。悪いことはしてはいけない。
たったそれだけのことを訴えてきたのに、
なぜこんな状態になるまで受け入れられなかったのだろう。

一度起きたこと、言ったこと、したことは、
どんなに謝ったり反省したりしても
なかったことにはならないから、
本当の意味での家族関係の回復には
とてもたくさんの時間がかかるだろう。

家を出て行かなければ、と思った日。
置き土産のつもりで、ようやく朝顔の種をまいた。
あっという間に、芽を出してくれた。

s-2010.jpg

家の中に、きちんと話ができる人がいなくて、
途方に暮れて夜中に台所に座り込んでぼーっと泣いていると、
眠りもせず、ずっとそばに付き添ってくれていた
わんこの12歳の誕生日も来た。

s-12th.jpg

こうして、少しずつ日常を重ねていくしかない。
たくさん時間をかければいい。
少しずつやっていけばいい。と思う。



そして、もうひとつ。

捨てるつもりで玄関に投げ飛ばした教科書は、
結局捨てることができなかった。
家を出ると決めたときも、車に全部積んでおこうと思っていた。
今はできなくなってしまったけれど、
何年先でもいいから、もう一度学ぼう。
そう思っていた。

新しい洋服を買うこともない。
お弁当を作り、水筒にお茶を入れ、
たくさんの教科書を背中に背負って一人図書館に通い、
解けない問題に頭を抱えるもうすぐ32歳の女、というのは、
世間から見れば異様だろうし、
人によっては不幸に見えるだろうとも思う。

けれど。
もう一度、勉強を始めてみたら、
重い荷物を背負って汗をかきながら図書館に通うのも、
問題が解けずに頭を抱えるのも、
覚えたことが思い出せなくなっているのも、
今は、ただ、うれしい。

揉めて学べなかった期間が、
諦めないといけないと思っていた期間が、
自分にとってどれだけ辛かったのかよくわかった。

こんな状態になる前は、
先が見えないまま学び続けるのが辛くなっていた。
今年で終わりにした方がいいのではないかとも思っていた。

学べなかった期間が結構長かったので、
学習スケジュールは、もうとっくに狂ってしまった。

同時に、諦めがつかないことも今は知ってしまった。

なんだか他人事のようだけど、
これが、今の私の幸せだから、
私はやり続けるんだろうな、という気がする。
posted by TIIDA at 23:20| Comment(2) | 本日のTIIDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ご無沙汰しております。
何かとても大きなことが起こっていたのですね。
その後、いかがお過ごしですか?

リズムが狂ってしまった今なら、ちょっとお会いできる時間があるのかしら。
なんて、調子よく考えてしまった私は、やはりお気楽ですね。。。
私もなんだか忙しく過ごしていて、かと言って何をしてるわけでもないので、一人(何やってるんだろうなぁ)と思ったりします。
今年は初盆で、しかも私がやらなきゃいけないので、周りの方々に助けてもらってなんとか終わらせたいと思っています。
家のほうは、お盆は8月なんで、来月です。
それが終わると、一周忌がやってきます。
そこでやっと、一息つけるかなぁ。なんて考えています。

先のお話ですが、その頃にでもお伺いしたいなぁ。
まぁ、その頃にHULさんがどのような状況か、にもよりますよね。


自分に負けずに。だけど、自分を頑張らないで下さい。
帰れる場所があることを、大切にして欲しい。
近すぎて見えないもの。遠くて見えにくいもの。
見えない時は、見る必要がないことなのだと、いつも自分に都合良く考えています。
じゃないと、私は自分に負けるから。

いつでも、決めるのは自分。

お互い抱えるものは違うけれど、自分を大切にしていきましょう☆
Posted by kyo- at 2010年07月11日 14:02
kyo-さん。

いつも声をかけていただき、ありがとうございます。

>自分に負けずに。だけど、自分を頑張らないで
>自分を大切に

とても難しいことですね。
すっかり忘れていたことだったので、
こうして言葉をかけていただいてありがたいです。

メールさせていただきましたので、
お時間のあるときにご確認いただければと思います。

急に夏らしくなって、消耗しやすい時期。
体調を崩されることのないように、
無理はなさらず、どうぞお体にはお気をつけて。
Posted by TIIDA at 2010年07月17日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。