2010年11月25日

速報。

s-!.jpg


1校、合格しました。

1校、発表待ち。

1校、これから受験。

posted by TIIDA at 19:15| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

3回目。

s-3回目。.jpg


前2回の評価がBだった小論文の添削が、
3回目の提出で、ようやくAになりました。
点数にして、20点以上あがりました。

いやぁ。ほっとした。

返却された真っ赤な小論文をありがたく思う一方で、
医療系の小論文の難しさに頭を抱えてました。
苦戦して書いた割に、評価も悪くて、
どう書けばいいのかわからなくなってたんです。

小論文関係の本をたくさん読んで、
コツが少しわかってきたかな、と思ったけれど、
正直、書いて提出するのがちょっと怖かった。
これでもっと点数落ちちゃったらどうしよう。なんて。

最初に提出したものの評価がよかったら、
きっとあんなにたくさん本を読んだり考えたりしませんでした。
最初の評価が悪かったおかげで、凹んで、焦って、必死になりました。
今このタイミングで評価が下がったら、きっと打ちひしがれていただろうな。
よかった。たすかった。

次の問題は解答にかかる時間です。
この添削問題に4時間かかってました。
試験時間は60〜120分。
倍以上のスピードで書く必要が・・・。

がんばれ。私。
posted by TIIDA at 19:08| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

600越え。

s-614.jpg


毎日こつこつ続けている英単語。
久しぶりに日数表示が出たと思ったら、
600日を越えてました。

しまった!あとでやろうと思ってたら、日付変わっちゃった!!

ということも、あります。
それでも、614日は続けてきたんですね。

現役のころは、短期間に詰め込むことしかできませんでした。
それを後々までちゃんと覚えていられたから、それでよかったんです。

今は、短期間で詰め込むのは、正直難しい。
理屈抜きの丸暗記は、特に難しい。
覚えたつもりでも、すぐに忘れてしまいます。

でも。
今は、こつこつ積み上げることができます。
こつこつが、結構強いことも知っています。

若いころと同じようにできないことは、確かにあるけれど。
今だからできることが、たくさんあるなぁ。
今だからわかることが、たくさんあるなぁ。

年を重ねるって、いいもんですね。
posted by TIIDA at 02:05| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

まっかな秋。

s-あ”〜.jpg


提出した小論文が添削されて戻ってきました。
まっかっか(>_<)

課題文があって、その要約は満点が取れてるんですが、
課題文に即した例を挙げる、とか、それについての意見になると、
あっちこっちに添削がつきます。

法学部時代の小論文と医療系の小論文では、
問題の出題傾向はもちろん、問われている内容や資質が全く違います。
法学部時代は、正直なところ、
「誰にでもすぐに書ける小論文で、ちゃんと試験になるのかな?」
と思ってましたが、医療系の小論文に取り組むようになってからは
「小論文はれっきとした”ひとつの受験科目”だ」
と思うようになりました。

国語も文章を書くのも得意なので、
真っ赤な解答用紙を見たとき、はじめはちょっと面喰いましたが、
落ち着いて添削内容を見てみると
「独学だったら、ちょっと気付けなかったな。
 この指摘は厳しいけれど、ありがたいな。」と思うことが多いです。
小論文は国語とは別の科目だし、初めてのチャレンジなので、
客観的に見てもらえるのは、とてもありがたいです。

今は”難関国公立の医療系”の小論文を届けてもらってるのですが、
ひょっとしたら、以前間違えて届けてもらった”私大看護医療技術系”の方が
私にはあってたかもしれないなぁ・・・。
でも、難しい問題に当たっておいた方がいいのかな。

通信添削の課題以外にも、小論文に関する本をかなり読んでます。
漠然とした問題も多くて、とっかかりが掴めなかったのですが、
やはりコツや書き方があるのだということがようやくわかってきました。
小論文を”ひとつの受験科目”として捉えられてからは、
学び方・解き方・対策があるのだとわかってきました。

最近は、英語と小論文に偏った学習が続いています。
理数科目もなんとかしなくっちゃ。
気持ちばかりが急いてしまいますが、
体調管理にも気をつけつつ、しっかりやっていきたいです。
posted by TIIDA at 19:57| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

あれ?

s-あれ?.jpg


今年、できることは全部する。
と決めたら、新しい可能性が見えてきました。

受験勉強を始めたころは、
本屋さんの受験参考書の前に
高校生と一緒に立つのも恥ずかしくて辛かったのに、
新しい可能性をいかすために、ついに高校生向け通信教育を始めちゃいました。

通信教育を始めるにあたって、コースの選択がわからなかったけれど、
オペレーターさんが丁寧に相談にのってくれて、納得して申し込みましたが、
届いてみたら一部の資料が「私大看護コース」になっててびっくり。

どの学部を受験するにしても、
私大は一切受験しないことを最初に伝えて、志望校も伝えて、
オペレーターさんも「それなら国公立のXXコースがいいですね!」って・・・。

私立も考えた方がいいよってことなのかな?
なんて一瞬思いましたが、いやいやいや。
慌ててコース変更の手続きを取りました。

私大の附属病院に勤務すると返済しなくていい奨学金もあるので、
私大も検討した方がいい、という話もあるにはあるんですが、
将来、働きたい病院が出てきたときに、それが足枷になるのはなぁ。

もともと医療従事者不足の地方で働きたい、という気持ちで始めたことなので、
奨学金もらって東京の私立に通うよりは、
奨学金もらって地方の国立の方が、と考えてます。


そういえば、先日治まってほっとしていた歯痛と頭痛がまた復活。
大学病院での治療が決まりましたが、実際の治療開始は1カ月ほど先。
予約日のお知らせ葉書が届くまでいつになるかもわからないので、
お薬飲むの嫌いなんですが、毎日痛み止め飲んでます。
受験勉強やめたら治ったりして。

あ、月曜日に親知らず抜きます。
ますます痛い日々になりそうです。。。

ここの右下にも貼ってますが、
最近は、受験と痛みとの日々のタタカイをつぶやいてます。
勉強全然してないじゃん。って突っ込まれそうですが、
お時間のある方は、読んでみてください。
posted by TIIDA at 17:06| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

ピタゴラス。

ピタゴラス。
ぴたごらす。
Pythagoras.

聞いて何を思い浮かべるかと言うと、
ピタゴラスの定理?
ピタゴラスイッチ?

どっちも好きだけど、

ピタゴラス教団っていう、
数学と音楽をこよなく愛した秘密結社があったってこと、
私は知りませんでした。

音楽と数学。

関係なさそうでいて、美しいという意味で共通のものがあります。

数学を「美しい」と感じられるようになったのは、
学習のおかげ。

もともと春はどうも苦手な私。
受験勉強やら、あれやこれや、すっかりまいっていて、
あちこち、ご迷惑をおかけしました。

楽しんで学習してたつもりが、
勉強しようとしたのがいけないんですね。

受験は、とどのつまり、精神面勝負、な気がしてきました。


ひとつ、ご紹介したい、壮大なピタゴラ装置。
まさに音楽と数学のコラボ。
すっごいくだらないんだけど、
笑える一方で、なんかとにかくスゴイわけ。
これ、何度かやり直しはあったんでしょうけど、
一連撮りっぽいんですよ。
ほんとに一連撮りだとしたら、
最初に「一連撮りでやろう!」って言いだした人を
好きになっちゃいそう。

posted by TIIDA at 22:32| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

波に洗われて。

s-試されてる.jpg


毎日、部屋の中でじーっと学習を続けている。

傍から見れば静かで穏やかな日々かもしれないけれど、
私にできるかな?と自分を疑い、
それでも諦められないからと
行きたいところへ通じる道を手探りし、前へ進もうとする、
この繰り返しの生活は、心に波がよく立つ。

忘れたころにどっぱーん。と
大きな波がやってくると、
びっくりして途方に暮れたり、
溺れかけて、友達に助けてもらったりする。

久々にやってきた大きな波にびっくりしているときに、
参考書の裏表紙のこの文言を見つけて、
なんだか、げんなりした。

けれど。
波を乗り越えた今これを見ると、また違う気持ち。

また波が来たら、また乗り越えればいい。
強さって、そういうことかも。
posted by TIIDA at 23:11| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

ちょっ・・・どういう・・・?

通りがかりに見てしまった、学習塾の看板。

s-どういうこと?.jpg


ちょっ・・・(と、これって)どういう・・・(こと)?


思わず言葉が途切れるほど、びっくり。

学習塾に”ドリンクバー完備”。

看板に書くくらいですから、これがウリなんでしょうね。

うーん。
なんていうか。
うまく言えないんですが。
勉強って、
たぶん、そういうんじゃない。
と、ちっちゃいころから勉強ばっかりだった私は思うよ。
posted by TIIDA at 01:44| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

独学の醍醐味。

以前、体を傷めまして(詳しくはこちら)。
それ以来、持ち歩くテキストを減らしていたのですが、
今はどうしてもこれくらいは持ち歩きたい。

s-今はこのくらい。.jpg

また歩けなくなるのは怖いので、図書館までは車で通っています。

単語帳のようなこまごまとしたものや、
お弁当・水筒もあるので、荷物は結構かさばります。

s-こまごま。.jpg

学習を重ねた成果なのか、持ち歩いて擦れただけなのか、
テキストにかけていたブックカバーも破れてきたし、
単語帳もしんなりとよれてきて、愛着がわいてきました。

独学は、なかなか成果が感じられず、
試行錯誤の繰り返しで自信が持てずにいましたが、
試行錯誤こそが独学の醍醐味だと実感できるようになってきました。

うれしいことも増えてきて、楽しく学習できています。
posted by TIIDA at 20:00| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

化学式って言語だったんだ。

s-元素記号.jpg



2Al + 2NaOH + 6H2O  →  2Na[Al(OH)4] + 3H2

たったこれだけの文字の組み合わせで

水酸化ナトリウム水溶液にアルミニウム小片を加えたところ、
完全に溶けた。

って世界中の人に通じちゃう。
しかも、この文字の組み合わせだけで

@解けると水素が発生する
Aアルミニウム2molから水素は3mol発生する
B仮にアルミニウムが5.4gなら、水素は0.6g発生する

ってことまで世界中の人に伝えられる。
なーんだ。化学式って言語だったんですね。
最初は1日10分テキストを読むと
頭がいっぱいになってた化学ですが、
最近では1日2時間勉強しても

おもしろーいっ。

って、わくわくしてます。

昨晩、うまく眠れなくて携帯いじってたら、
プリセットされてる「まちうけ文庫」の元素記号を見つけました。
携帯を開くたびに、違う元素記号が表示されます。
おもしろいから、元素記号全部覚えるまで、
待ち受け画面はこれでいこうかな。
posted by TIIDA at 18:54| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

禁止令。

どうにも頭痛がひどくて、
整体院へ駆け込み、少しずつ頭痛が取れ始めたところで、
かめの病院で頭痛治療で脳外科に回してもらうも、異常なし。
明日からまた図書館に通うぞーっ。
と、ほっとして家に帰ってきたところで、

あれ?腰が痛い・・・。

整体院で首と背筋のゆがみを指摘されて、
気にして歩いているうちに、腰を痛めてしまったようで。
翌日整体へ駆け込むと、

ぎっくり腰です。

とのこと。
頭痛の治療を一度中止して、
腰の治療を始めてもらって3日目に、急に痛みが増しました。
すると、

ぎっくり腰とは別に、
起立筋(背筋)の肉離れを起こしたようです。

とのこと。。。
立ってても、座ってても、寝てても、痛い。
小学生のころから、勉強時間が長くなると
背筋の肉離れを起こしていたのですが、
痛みは一瞬で、じっとしていれば、なんとかなってました。
ここまでひどいのは初めて。

で、原因として家族に指摘されたのが、
勉強時間のバランスの悪さと

s-禁止令.jpg


毎日持ち歩いてた教科書のこの量。
これのほかに、お弁当、水筒、その他こまごましたものを
毎日図書館へ持って行っては、持って帰ってきてました。
家族から、

腰弱いのに、毎日こんなに持ち歩いて大丈夫なの?

って散々注意されてたんです・・・。
ついに、禁止令が出ました。
せめて、半分にするべきだよ。って、そりゃそうか・・・。

焦る気持ちを抑えて、ちゃんと治療します。
勉強の仕方、運動の時間の取り方も合わせて、
よく考えるときのようです。
posted by TIIDA at 14:20| Comment(0) | 本日の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。