2010年12月30日

2010年の答え合わせ。

初詣に行ってはおみくじを引いていましたが、
今年のおみくじは当たっていたのかどうか、答え合わせです。

s-2010 大吉。.jpg

大きなトラブルがあったものの、
トラブルがあったからこそ、ということもあった。
と思えているので、全体として大吉だったんだと思います。

特筆すべきは学問。
s-2010 学問。.jpg
「安心して勉強しなさい。」

トラブルがあった後、受験をやめようと参考書を紐で全て括りながらも、
どこかでこの一言を信じていたような気がします。
結果的には、この言葉が正しかった。

s-2010 教訓。.jpg

そして、この教訓。
不思議なもので、この1年、
このおみくじを財布に入れて持ち歩いていました。
折にふれて、この言葉に支えられていたような気がします。

私は神道の信者ではないけれども、
今年最初にこのおみくじが私のところに来てくれて、
本当によかったな、って思います。

もう明日になってしまった今年の年末は、
兄の眠るお寺で除夜の鐘の鐘衝きをして、
年明けには、地元の神社に初詣に行く、
いつもの節操のない年末年始を過ごすつもりです。

いつものことが、最後かもしれないと思うと、
愛しくて仕方のない今日このごろ。
posted by TIIDA at 16:59| Comment(0) | 本日の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

図書館と森と。

s-図書館の隣の森。.jpg


自習室・読書席がある図書館が3つ。
本を借りるだけの図書館が2つ。
目的によってこの5つの図書館を通い分けています。

少し前までは隣が公園の図書館に通っていました。
図書館の読書席の場所によっては、
この木のすぐ隣で学習できます。

駐車場からこの森の脇の道を通って図書館に行きます。
公園の森の中で芝のところだけがぴかぴかと光るので
『もののけ姫』でシシ神様がいたところみたい。といつも思います。
私はこのアングルで見る森と芝の感じがとても好きです。

夏休みになって人が増えたことと、
痛みが強くなって、動けなくなるのが怖くなったので、
7月下旬からは自宅での学習に切り替えました。


先日、脳のMRIを撮ってもらった後、
”典型的な三叉神経痛の所見ではない”
という診断が下って、ほっとする一方で、
これでまた原因がわからないところにもどってしまった。
ほんとに一生治らないのかな、と泣きだした私に、

原因の特定がなかなかできない患者さんがたくさんいらっしゃいます。
でも、時間をかけて、みなさん改善されていますから、
その点だけは安心してください。

と先生が声をかけてくれました。
その一言で、少し気持ちが落ち着きました。
聞きたかったのはその一言だったのかも。


原因はさておき、
ひとまず痛みを抑えるために出された痛み止めが効いていて、
痛みがひどくなってから手につかなくなっていた学習が
再開できるようになりました。


あれこれあったため、大幅に遅れた学習スケジュール。
いろいろ考えた結果、
今年は理系科目をできる限り詰めるという方針に。

けれど、自宅での学習は何かが足りないなぁ。
足りないのは何かな?

と、よく考えてみたら、
この森が恋しくて仕方ないのでした。

また森の隣で学習する頃には、
痛みも少しよくなっているといいな。

当分は、大学病院と自宅の往復で忙しくなりそうですが、
痛みで学習ができないことも含め、
あまり悲観しすぎないように、
あきらめず、粘り強く治療したいと思います。
posted by TIIDA at 23:38| Comment(0) | 本日の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

「切った方がよさそう。」

クリスマスイブ。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

私はというと、
こんなにいいお天気に恵まれて、

s-贅沢。.jpg


こんなに美しい富士山を眺めながら、

s-富士山とお風呂。.jpg


昼間っから、日が沈み、夜景が美しくなるまで、
友達と、露天風呂につかりっぱなしでした。

まだ片手で余るくらいしか直接会ったことがないのに、
裸の付き合い。

友達と呼ぶには、ちょっとおこがましいような友達と、
あられもない姿で仁王立ちになり、富士山と対峙。

お湯に浮かびながら、青空を眺め、
会わない間のことを聞き、聞いてもらい、
お互いにいい年の重ね方をしたことを知り、
今後のことを希望を持って話せるというのは、
なんて幸せなことだろう。と。

人生で最も長い入浴だったと思いますが、
人生で最も感謝にあふれた、幸せな入浴でもありました。

空が広いところが好きな私たち。
次に会うのは2年後ですね。

心から無事をお祈りし、
再会するときに恥ずかしくないように、
欲を言えば「切った方がよさそう。」の検証ができるように、
私は私の持ち場で、私が楽しくできることをやっておきます。

次も、広い空の下でお会いしたいと思っています。
posted by TIIDA at 23:46| Comment(0) | 本日の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。